伝統が紡ぎだすセルビアワイン

SERBIA




「王族ワイン貯蔵庫の異名を持つアレクサンドロビッチ」

 

〜 時は流れず、重なるり続ける 〜




 

ワインづくりの哲学



彼らは、細心の注意を払ってブドウとワインを育て、それらを大きな愛と敬意を持って扱います。

最適な熟度に達するために最高のブドウのみがブドウに残され、その後手作業で収穫されます。

その過程で、私たちの勤勉なブドウ栽培者の手は、すべてのぶどうの木に15回以上触れます。

ブドウの収穫量は5 kgから1〜1.5 kgに減少します。これは、ワインに最適なブドウのみを選択しているためです。







最高の品質をもたらす豊かな農園



アレクサンドロビッチ家とそのワインは現在、セルビアの主要なプライベートワイナリーであり、独自の75ヘクタールのブドウ園で栽培されたブドウからのみワインを生産しています。

ブドウ園は、ワイナリーから数キロの範囲内にあるビンカ、イゼヴァツ、ボカニャの3つの場所にグループ化されていますが、それらは異なる微気候と土壌の種類によって特徴付けられています。

ブドウ園が植えられている土壌タイプは、茶色の森林土壌とバーティソルに属します。

これらの土壌は軽度から中程度の重さで、良好な透水性と優れた物理的および化学的特性を備えています。それらは低い腐植質レベルによって特徴付けられ、それは穏やかな施肥と組み合わせて低収量とブドウの最高品質をもたらします。イゼヴァツ丘は、特にその骨格の土壌構造によって特徴付けられます。





SERBIA SELECTION